能力の男女格差は企業が生み出している

塚原 女性が管理職になる未来を想定した教育を企業側が実施してこなかった点も、女性が管理職に就くことをしり込みする理由の一つになっています。

 仕事で成長する過程では、どこかの時点で重要なミッションをクリアする必要があり、これをホットジョブと呼びます。女性がホットジョブに就く機会は、男性に比べると圧倒的に少ないのが現状です。企業側が無意識のうちに、期待のかけ方に男女格差をつけているということになります。

 この状態が5年、10年と蓄積されていけば、発揮できる能力の男女格差が生まれるのは当たり前です。女性の能力が初めから低いのではなく、企業の教育における無意識の男女格差が、女性の能力が発揮される機会を妨げているのです。入社時から継続して男女平等にホットジョブの機会があれば、能力格差も少なくなるでしょう。