大賞

coly 代表取締役社長 中島瑞木さん(33歳)

同 代表取締役副社長 中島杏奈さん(33歳)

双子の姉妹で、女性向けエンタメ会社を設立。スマホゲームが大ヒット
売り上げは5年で50倍に。海外への進出、マザーズ上場も果たす

coly 代表取締役社長 中島瑞木さん(33歳)、代表取締役副社長 中島杏奈さん(33歳)

 中島瑞木さん、杏奈さんは大学生時代にウェブニュース制作のアルバイトを経験した後、2人で独自のウェブメディアを運営。失敗と成功を繰り返すなかで、「コンテンツを通して、人々に明日を生きる勇気を与えたい」という思いは変わらなかった。大学卒業後はそれぞれ就職したものの、「やはりコンテンツづくりがしたい」という思いが募り、ともに1年以内で退社。市場調査をするなかで女性向けスマホゲームの魅力と可能性に気づき、ゲーム業界経験者の仲間を得て、ストーリーや世界観にこだわったコンテンツの開発を進めてきた。

 大賞受賞にあたっての1つ目の評価ポイントは、「女性向けスマホゲームを中心とした新しい市場で、マザーズ上場、海外進出という圧倒的な成果を出した」こと。「ユーザーから求められる面白いコンテンツ」をつくるため、創業以来、外部資本を入れず、開発に邁進。ユーザーに勇気を与えたり、背中を押したりするストーリーやキャラクターが、絶大な支持を集め、大きなヒットを生み出した。

 また、審査員の意見が一致した、もう1つの評価ポイントが、上場まもない時期であるにもかかわらず、次世代の若手・女性起業家を育てる投資・経営サポートチーム「MO inv.(エムオーインベストメント)」の活動を発足させた点。「双子の姉妹でとことん議論をして事業を育ててきたように、経営者たちの“壁打ち相手”になりたい」と、現在、10社ほどの支援先を検討している。

 この成功に至るまで、一緒にものづくりをする仲間やユーザーの声に積極的に耳を傾け、一歩一歩、堅実に積み重ねてきた2人。事業への純粋な思いを大切にしながら、信頼する仲間と徹底的に対話をしながら努力を重ねる姿勢は、多くの働く女性たちの仕事への思いを刺激し、理想を実現することへの希望を与えるロールモデルになるのではないかと編集部では考えている。

【プロフィール】
中島瑞木(なかじま・みずき)さん(右)

1988年生まれ。東京大学教養学部卒業後、外資系証券会社に入社。学生時代から運営していたウェブメディアの経験を生かし、2014年にcolyを創業。
中島杏奈(なかじま・あんな)さん(左)
1988 年生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、産業経済新聞社に入社。姉とともに創業したcolyでは、マーケティング戦略、コンテンツ戦略を統括。

株式会社coly
 2014年に中島さん姉妹が設立した、女性向けエンタメコンテンツ企業。これまで、スマホゲーム「ドラッグ王子とマトリ姫」「スタンドマイヒーローズ」「魔法使いの約束」などをリリースし、いずれもヒットを記録。舞台化やグッズ販売の事業も展開。韓国、台湾、香港に進出している。