初めての選挙で、「誰かに変えてほしい」と思っている多くの声なき声の存在を知ったという金子さん