「もし当選して28人の市議会議員の中に入れれば、一市民として声を上げるよりもずっと変えやすくなる」(川久保さん)ことが立候補のきっかけだった