性の不平等に関する同じ違和感と不条理な気持ちを持つ賛同者の声に背中を押され、揺るぎなく発信を続けてきた