【注意】日経BPのメディアサイトを巧妙に模倣した偽サイトが判明しました

  1. TOP
  2. スキルアップ
  3. 毎日のスキルアップ習慣 From日経WOMAN
  4. 作家・佐藤優さんが選ぶ、歴史の教養が身に付く6冊
毎日のスキルアップ習慣 From日経WOMAN

作家・佐藤優さんが選ぶ、歴史の教養が身に付く6冊

Terraceで話題!

新しいことにチャレンジするのにぴったりの季節。年齢やキャリアにふさわしい大人の教養を身に付けたいという思いを抱いている人も多いのでは? どんな人に教養を感じるか、どんなときに教養が欲しいと感じるか、思いはさまざま。アンケートで分かった、みんながもっと教養を身に付けたいと思っているテーマを中心に、おすすめの47冊をご紹介! 集中すれば3カ月ほどで読破できる数なので、興味のあるものから読み進めてみて。今回は作家の佐藤 優さんおすすめの本を紹介します。

書評メディア編集長選 ビジネスの教養が身に付く5冊
・作家・佐藤優さんが選ぶ、歴史の教養が身に付く6冊 ←今回はココ

・アートテラーとに~さん選 アートの教養が深まる5冊
・元国連職員の著述家 国際関係の教養が深まる5冊
・今知っておきたい教養が身に付く「日経の本」

歴史は人生に役立つ。1日1章読むのもおすすめ

 受験勉強した歴史を覚えていない――そんな悩みに作家の佐藤優さんは、「当時はどうせ役に立たないと思っていたからです。歴史を知ることが自分の人生にプラスになるという意識で読むと、意外に記憶に残ります」と答えてくれた。

 おすすめは通勤時に1章など時間を決めて読むことだ。今回の選書には、ひとりひとりがつくっていく小さな歴史の本もある。

「近い過去を学び、自分を変えていくことで、未来の歴史を変えていける。その重要性に気づいてもらえたらと思います」

佐藤 優(さとう・まさる)さん
佐藤 優(さとう・まさる)さん
作家。1960年、東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了。元外務省主任分析官。『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。『宗教改革の物語』(角川ソフィア文庫)ほか歴史をひもとく著書も多数。

 次のページから、佐藤 優さんおすすめの6冊を紹介!

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル