「楽しい仕事」があるのではなく、仕事が楽しくなるかは自分次第。前向きに仕事と向き合う人たちの、十人十色の仕事観に触れると、不思議と明日も働く元気が沸いてくる。「仕事が楽しい人の秘密」をいろいろな人に聞いていきます。今回は「週1回だけ会社に出勤する人」、坂井真実さんの紹介です。

在宅勤務者の事例になりたい

 4年前に営業支援の会社に転職し、グラフィックやウェブのデザインを手がける坂井真美さんは、その2年後に出産。育休後に出社を伴う時短勤務ではなく在宅勤務がしたいと上司に相談し、部署内では初の在宅勤務に挑戦した。

 「在宅でも大丈夫」と仲間に思われるようにさまざまな工夫を施している。チャットなどでマメに進捗を伝え、エンジニアへの指示書は丁寧に書いて二度手間を防ぐ。週1回は時短出社し、詳細な打ち合わせを行う。

 そんな働きぶりが認められ、責任ある仕事も任せてもらえるように。「家で働くことで気持ちに余裕が生まれ、家族にも優しくなれる。同僚が在宅勤務を選びやすくなる事例になりたい」

坂井真実さん
坂井真実さん(31歳・営業支援・ウェブデザイナー)
アイドマ・ホールディングス
夫と娘と3人暮らし
手取り年収:300万円以上600万円未満
仕事熱中度:100%
収入満足度:100%
好きな有名人:ビョーク

※データの見方:手取り年収は「300万円未満」「300万円以上600万円未満」「600万円以上」のいずれかで表記。「仕事熱中度」と「収入満足度」は100%を最高値とする本人の実感値。