1. TOP
  2. スキルアップ
  3. 毎日のスキルアップ習慣 From日経WOMAN
  4. 「英語を話せる人」になるための正しい学習ルーティン8
毎日のスキルアップ習慣 From日経WOMAN

「英語を話せる人」になるための正しい学習ルーティン8

Terraceで話題!

ちまたにあふれる英語の学習法。いろいろありすぎて、結局どれがいいのか分からない─そんな人のために、“英語をちゃんと話せる人”になる正しい習慣づくりの秘訣をプロがレクチャーします。

反復こそ語学学習の王道。中学英語で“つくり”を学ぶ

 英語がなかなか上達しない原因は、「正しい方法で学んでいないから」と指摘するのは、英語コーチの西真理子さん。

 「語学の習得は筋トレと同じ。正確な知識をもとに、正しいフォームで行い、それを習慣化しない限り、望むような成果は上げられません」

英語が話せるようになるコツはどんな方法でも“習慣化”すること
英語が話せるようになるコツはどんな方法でも“習慣化”すること

 習慣化すべき“王道”の学習法は、声に出して読む「音読」、紙に書き写す「写経」、聞いて復唱する「シャドーイング」。

 「どの方法でもいいので1日最低10分、同じ英文を繰り返すのがポイントです」

 また、中学校で学ぶ基礎的な文法を徹底して学び直すことも有効だという。

 「中学英語の文法だけでも、ビジネス英会話の大半をカバーできます。英語のつくりや思考法が身に付けば、あとは用途に合わせて単語を足していけばOK。基本文法と反復を重視した学習を1年間続けると、徐々にでも確実に英語を話せるようになります」

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル