IE11のサポート終了について誌面ビューワーのメンテナンス(12/13)

  1. TOP
  2. 働き方
  3. 注目インタビュー From日経WOMAN
  4. 2つのがん経験 オープンにしたらライフワークに昇華
注目インタビュー From日経WOMAN

2つのがん経験 オープンにしたらライフワークに昇華

Terraceで話題!

ある日突然、「がん」と宣告される──それは、決してひとごとではありません。実際にがんに罹患(りかん)し、治療と仕事とを両立させた女性2人に、闘病から現在の仕事に至るまでを聞きました。今回は、がんの経験をオープンにすることでそれがライフワークにつながったという砂川未夏さんです。

【がんになっても前向きに仕事を続けた女性たち】
・2つのがん経験 オープンにしたらライフワークに昇華 ←今回はココ

がんは特別なことではない 休まず働く人生を私は選ぶ

悪性リンパ種と乳がんを経験

 「闘病中、この経験が仕事に生かせるとは思わなかった」

 砂川未夏さんは、カフェ関連企業で店舗開発をしていた29歳のとき、悪性リンパ腫に罹患した。治療した後はキャリアコンサルタントに転身したが、がん経験は公にしなかった。

「そういうフィルターで見られるのが嫌だった」

 だが、39歳で今度は乳がんに。2つ目のがん。

 乳がんの治療後は、砂川さんに変化があった。講演依頼を受けたことを機に、「がんを経験した自分」を受け入れたのだ。今はがん患者支援をライフワークにしている。「どんな経験もギフトに変えられたら」

砂川未夏さん
砂川未夏さん(45歳・キャリアコンサルタント)
夫と2人暮らし

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル