食の見直しによって、大幅な減量を達成した人たちを取材。それぞれのビフォー・アフターを比較し、やせる食べ方の秘密を探りました。今回は高杉保美さんを紹介します。

 管理栄養士の高杉保美さん。とてもスリムな彼女だが、実は過去に15kgの減量経験がある。

管理栄養士 ヘルスビューティーアドバイザー 高杉保美さんの画像
管理栄養士 ヘルスビューティーアドバイザー 高杉保美さん(32歳)

 「太っていたのは、大学生のとき。初めてのひとり暮らしで乱れた食生活が原因です」。栄養学を専攻していたにもかかわらず、食事内容は炭水化物が中心。完全に糖質過多だった。体重は入学前に比べ、あっという間に13kg増。「一度は無理な食事制限をして体重が減ったものの、エネルギー不足でフラフラの毎日でした」。

 危険なダイエットから脱出するべく、栄養学を駆使した食生活をスタート。炭水化物や甘い味つけの総菜は控えめにして、含まれる栄養を意識しながら、たんぱく質や野菜をしっかり取った。「食べる量は変えずに、減量に成功! 美しく健康的にやせるための栄養知識を、座学だけでなく実体験を通して学ぶことができました」