乾物は、実は和食に限らず、多彩なアレンジができる優秀食材。使いこなし方を覚えると、ムダを出さないシンプルライフの強い味方になってくれます。今回は切り干し大根と乾燥ワカメを使った夕飯レシピを紹介します。

乾物が主役のパパッとひとり夕飯レシピ・高野豆腐編
・乾物が主役の夕飯レシピ・切り干し大根&乾燥ワカメ編 ←今回はココ
乾物が主役の夕飯レシピ・干ししいたけ&ヒジキ編

切り干し大根を使ったひとり夕飯レシピ

 切り干し大根は、大根を千切りにして天日で乾燥させたもの。生の大根より、カルシウムやビタミンB1・B2などがぐんと増えており、食物繊維も豊富なので、便秘の緩和効果も期待できる。

素早く戻す方法

【HowTo】熱湯につけて5分ほど置き、水にさらしてから、水気を切る(4倍程度に戻る)
【HowTo】熱湯につけて5分ほど置き、水にさらしてから、水気を切る(4倍程度に戻る)
切り干しナポリタン

パスタに見立てた切り干し大根の新境地!
切り干しナポリタン

【材料】(1人分)
乾燥切り干し大根……20g
ベーコン……1枚(15g)
玉ネギ……1/8個(25g)
ピーマン……1個
卵……1個
ケチャップ……大さじ2
バター……小さじ1 ※オリーブオイルでもOK

【作り方】(調理時間/10分)
1. 切り干し大根は戻して一口大に切る。ベーコンは1cm幅の細切りにする。玉ネギは5mm厚さの薄切りにする。ピーマンは種を取り、5mm厚さの輪切りにする。
2. フライパンを中火にかけ、バターで1を炒める。ケチャップを加えて炒め、皿に盛りつける。
3. フライパンに卵を割り入れ、目玉焼きを焼いて2にのせる。

【Memo】
野菜の幅を切り干し大根にそろえて切ると、火が通りやすく食べやすい。目玉焼きの代わりに薄焼き卵をのせれば、オムライス風に。