乾物は常備するのがおすすめ。実は和食に限らず、多彩なアレンジができる優秀食材です。ワンパターンになりがちですが、使いこなし方を覚えると、ムダを出さないシンプルライフの強い味方になってくれます。今回は干しシイタケとヒジキを使った夕飯レシピを紹介します。

乾物が主役のパパッとひとり夕飯レシピ・高野豆腐編
乾物が主役の夕飯レシピ・切り干し大根&乾燥ワカメ編
・乾物が主役の夕飯レシピ・干ししいたけ&ヒジキ編 ←今回はココ

干しシイタケを使ったひとり夕飯レシピ

 干しシイタケは、食物繊維やビタミンD、ミネラルなどを豊富に含む。電子レンジで素早く戻せるが、前の晩や出勤前に、水に入れた保存容器に入れ、冷蔵庫でじっくり戻すと、よりおいしくなる。

素早く戻す方法

【HowTo】耐熱容器に干しシイタケと、傘がかぶる程度の水を入れてラップをかけ、600Wのレンジで3分加熱。粗熱が取れたらラップを外す。(4倍程度に戻る)
【HowTo】耐熱容器に干しシイタケと、傘がかぶる程度の水を入れてラップをかけ、600Wのレンジで3分加熱。粗熱が取れたらラップを外す。(4倍程度に戻る)
シイタケと鯖のアヒージョ

ニンニクとシイタケの香りにノックアウト!
シイタケと鯖のアヒージョ

【材料】(1〜2人分)
干しシイタケ……2個 ※今回は1個、5g程度のものを使用
鯖缶……1缶(190g)
ジャガイモ……1個(小・100g)
ミニトマト……2個
冷凍ブロッコリー……2個(40g)
オリーブオイル……150ml
塩……小さじ2/3
すりおろしニンニク……小さじ1/4
唐辛子……1本

【作り方】(調理時間/15分)
1. 干しシイタケは戻して半分に切る。ジャガイモはよく洗って、7〜8mm厚さの輪切りにする。ミニトマトは皮に包丁で切り込みを入れる(破裂防止)。唐辛子は半分に切って種を取り出す。冷凍ブロッコリーは室温で戻す。
2. 小鍋にオリーブオイル、塩、ニンニク、唐辛子を入れて混ぜる。シイタケ、ジャガイモ、汁気を切った鯖缶を加えて、中〜弱火にかける。
3. 8分ほど加熱したら、ミニトマト、ブロッコリーを加えて、2〜3分加熱する。

【Memo】
シイタケは水分をしっかり切って、低温からじっくり加熱すると、油はねを防止できる。鯖が大ぶりな場合は途中でひっくり返して。