「書く」習慣で夢をつかんだ3時のヒロイン・福田麻貴さん。いったいどんなノートを書いているの? 具体的なノートの中身を見せてくれました!

書くことで自分の中から正解が出てくる

 「夢をつかめたのはノートのおかげ」と福田麻貴さん。「女芸人No.1決定戦THE W(以下、W)」で優勝し、大ブレイク中の「3時のヒロイン」のネタ作り担当兼ツッコミ役だ。

 過去2回は準決勝で敗退。次は必ず頂点に立つと決意し、必勝戦略をマインドマップで考えた。「勝ち抜き戦の『W』で優勝するには計4本の爆笑ネタが必須ですが、爆笑ネタは10本作って1本生まれればいいほう」

 鍵は新ネタの増産と考え、「新ネタ3本を披露するライブを毎月開催する」との答えに到達。締め切りに泣きながら爆笑ネタを増やし、優勝を手繰り寄せた。

 一方で、仕事に人生の比重が偏りすぎないよう、仕事以外の目標もマインドマップで俯瞰(ふかん)。「人としての魅力を高める」「趣味を楽しむ」の2つも、人生で追求したい目標に据えた。

 『W』優勝後、多忙でイライラしていると感じたときもマインドマップを書いてみた。「気づいたのは人生の目的に『愛』が必要ということ。家族や友人を幸せにすることも自分のミッションだと再認識できました」

 書くことで、正解が自然に導き出される。「それがマインドマップの良さ。たった1枚の紙から多くの気づきを得られます」

3時のヒロイン
福田麻貴さん(33歳)・写真中央
お笑いタレント 3時のヒロイン
「3時のヒロイン」はゆめっち、福田麻貴、かなでが2017年に結成した女性お笑いトリオ。19年12月に『女芸人No.1決定戦THE W』で優勝。福田さんがネタ作りを担当している。

愛用のノートとペン

ネタ作りの定番ノートがコクヨ「キャンパスノート」A4無地。「罫がなく、脳が解放されます」。ぺんてる「エナージェル0.5mm」は滑らかな書き心地

 ネタ作りの定番ノートがコクヨ「キャンパスノート」A4無地。「罫がなく、脳が解放されます」。ぺんてる「エナージェル0.5mm」は滑らかな書き心地。