ひっかかる言葉「私は運が良かったんです」

 よく、出産育児を経てのお仕事もバリバリ続けられている女性が言うせりふに、「私は運が良かったんです」がある。

 「運良く」を枕詞(まくらことば)に続くのは、「職場の理解があった」「パートナーが協力的だった」「希望の認可保育所に入所できた」「実母が近くに住んでいて子育てに協力的だった」「手のかからない丈夫な子どもだった」……などがある。

 言い換えれば、「職場の理解がない」「パートナーが非協力的で『仕事を続けてもいいけれども家事育児に手を抜くな』という態度」「希望の保育所に入れなかった」「実家に子どもを預けられない」「子どもは体が弱くしょっちゅう熱を出しては保育所から呼び出しがかかる」……ようなマイナスポイントが重なれば、おのずと育児と仕事を両立させるハードルは上がる。

 しかしこれらの条件は、「運が悪い」ことなのだろうか。

 例えば、職場でマタハラが横行するまではいかなくても、「忙しいときに産休育休は迷惑なので、妊娠は計画的に」などと言われるといった微妙な事例は珍しくない。「職場の無理解」は、程度の差こそあれ根強いものがある。

 さらに、日本人の夫は先進国で一番家事育児に非協力的というデータがある。待機児童問題は今なお解消せず、実家が協力的かどうか、子どもが丈夫かどうかは人により差が大きい……となれば、これら諸条件が一つないしは複数重なるケースなどざらにあるだろう。

 少子化対策も女性の就業継続支援も、個人的な条件面のいかんを問わず、希望すれば出産も就業継続も「普通」に行うことが可能になることを前提に講じられるべきではないのだろうか。「運が良かった」と語る人たちの背後には、子どもか仕事のいずれかを諦めなければならなかった、大量の「運の悪い」人たちがいることを忘れるべきではない。

スーパーウーマンに照準を合わせないで 

 個人的には、この種の話を聞くたびに、SEGAの名作ゲーム「龍が如く」の主人公・桐生一馬が街のその他大勢の名もなきチンピラ相手に放った「運が悪かったんだよ、お前らは」という有名なせりふが頭の中に反響してしまう。だが、世の多数派は、「一人で世界と闘える」ゲームの主人公ではなく、「街中のモブ(その他大勢)キャラ」なのではないかとも思う。

 私自身、自分がものぐさで頭も要領も残念な人間という自負はあるため、「環境に恵まれた優秀な人」が「ものすごく頑張って」達成できる水準を、一般的な人たちに適用すべきではないと強く思っている。むしろ多数派を占める「環境が整わない場合も大いにある普通の人」が「自分の人生を楽しんで/自分やパートナーとともに幸福になるために」結果として選択するライフコースは、たぶんこんなスーパーウーマンの人生ではないだろうと思う。

 そして、こんなすごい人ばかりをショーウインドーウーマンとしてキラキラ飾り付けることは、一部の優秀な女性には目標になっても、多くの女性にはハードルが高すぎて挑戦する気力を奪ってしまうことも懸念している。

 女性「でも」優秀な人「ならば」成功できるはずとのロジックは、無意識のうちに「仕事と家庭を両立できない」ことを、女性当人の「自己責任」に押し込めてしまう危険性もはらんでいる。