6月23日、最高裁に入る申立人と弁護団の様子。手に持つプラカードには「名前は私そのもの」「私のままで結婚を」とある(写真:毎日新聞社/アフロ)