テレワーク頻度の違いでコミュニケーション手段を調査したところ、電話、テレビ会議・ウェブ会議、会う、チャットで大きな差が出た(出典:日本ビジネスメール協会「ビジネスメール実態調査2021」)