2021年4月にリニューアルした日経クロスウーマン。4月号特集「新しい自分が動き出した 368人のストーリー」や連載で、各界で活躍する方々に話を伺いました。それぞれの記事には、読者の皆さんに向けたエールが込められています。注目を集めた記事の中から紹介します。

ITをカラフルに…奔走する二人

 教育分野のジェンダーギャップ解消に取り組む、一般社団法人Waffleの田中沙弥果さん・斎藤明日美さん。女子中高生がITを学べる環境が整っていないことへの危機感から、現在の活動に至ります。元はツイッターで出会った2人。それぞれの強みを持ち寄り目標に向かって進む様子を紹介します。

ミレニアル世代の挑戦 IT教育で男女格差のない未来を

ジェットコースターのような20代

 昆虫によるバイオマス技術のベンチャー企業CEOを退任した流郷綾乃さん。プライベートでは21歳で初産を経験し、現在は2人の子どものシングルマザーです。目まぐるしかった20代から、今、新たな道を歩み始めた流郷さんが挑む「未来に貢献できる事業」とは?

流郷綾乃 出産、離婚、会社経営を経て30代どうする

ベンチャーキャピタリストという働き方

 矢澤麻里子さんは1年間の育休を経て、2020年に投資会社を立ち上げました。実は、設立は当初の予定より半年間の延期。切迫早産の危機もあり、安静に過ごす生活を選びました。投資家としての信念、女性起業家や女性投資家に対する思い、事業と子育ての両立ポイントを聞きました。

起業家支援でVC設立 出産経験が後押し 矢澤麻里子

指揮棒を振り続ける責任

 新国立劇場バレエ団の指揮者・冨田実里さんにとっての大きな変化は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い出番が増えたこと。音楽業界が逆境にある中、仕事で音楽に関わることができる一人として今の状況とどのように向き合っているのでしょうか。

(上)コロナ禍で海外指揮者が不在 出番が5倍に 冨田実里


(下)芸術は人間社会の縮図 私なりの発信をしたい 冨田実里