不便だな、困ったな、苦しいなと思う場面の根底には、社会課題が存在します。自分らしく生きていくことができる社会を目指すには、結局はそれらの課題を解決していくことが重要です。日経xwomanでは社会課題を考える記事を多く発信。その中で、よく読まれたものをピックアップしました。読み逃しているものがあったらぜひキャッチアップしてください。

人口減少…借金1200兆円超の日本の未来

 日本の人口減少と高齢化は世界トップクラス。世界の人口問題に関心を深める目的で国連が制定した「世界人口デー」にちなみ、京都大学こころの未来研究センター教授、広井良典さんに人口減少についていろいろ教えてもらいました。日本はどのような未来をたどるのか。鍵は、人口の分布を把握した上で、都市計画や社会保障、税の財源などについて建設的な改善策を練ることです。

日本の人口減少、ポジティブな面もある理由/世界人口デー


「2050年カーボンニュートラル」は可能?

 世界は脱炭素化に向かって大きくかじを切り始めました。地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガスの排出量を減らさなければなりません。CO2を排出する化石燃料に変わる自然エネルギーへのシフト、CO2を排出しない技術の追求、さまざまなレベルでの取り組みが必要になりますが、私たちの暮らしのレベルでは何ができるでしょうか。いま一度考えてみましょう。

「脱炭素」に日本はついていける? 2050年未来予想


社会課題のアクティビストの就活プラットフォーム

 最近よく耳にする「エシカル(倫理的な・道徳的な)」という言葉。就活にも「エシカル」という概念が及んでいます。社会課題に高い関心を抱き、仕事につなげたいと考える人と企業をつなぐ就活プラットフォームを取材しました。

型にはまる就活に違和感「エシカル就活」開設への思い


「卵子凍結」で安心を得ても「高齢出産」の落とし穴がある

 私たちはたくさんの矛盾やジレンマ、不条理に囲まれて生きている。問題にも囲まれている。物事の表と裏、ポジティブ面とネガティブ面、本質と現象、不都合な真実と好都合な虚偽……両方を捉えることができれば、きっと視野が広がる。コラムニスト河崎環さんがつづる連載がスタートしました。第1回は、今キャリアを考える人にとっても注目のテーマである「卵子凍結」です。

卵活は人生難易度を下げる裏技ではない 不都合な真実