「私が描く、選ぶ、動き出す」をキーワードに、2021年5月にオンラインで開催されたイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2021」。タレントのSHELLY さんと、元日本マイクロソフト社長、HONZ代表の成毛眞さんが「2040年の女性の生き方」について対談を行いました。そのリポートを3回に分けてお届けします。2回目となる今回は「ルッキズム(外見至上主義)」について語ります。

成毛眞さん(以下、成毛) 最近、ルッキズムに関する話題が増えていますよね。SHELLYさんは、ルッキズムをどう捉えていますか?

SHELLYさん(以下、SHELLY) 見た目だけでその人の価値を決めることがルッキズムだと理解しています。外見で評価が違ってくる社会というのは未熟だし、すごく残念なことですよね。でも、女性が生きていく上で、見た目で判断されることが多いのも事実。どんなに能力があっても、「あの人は厚化粧だね」などと、表面的な部分をいじって相手を傷つけようとする人もいます。

成毛眞さん(左)と、SHELLYさん(右)。対談は感染対策をした上で十分な距離を取って行った
成毛眞さん(左)と、SHELLYさん(右)。対談は感染対策をした上で十分な距離を取って行った

SHELLY 「外見という、変えられないことをいじるのはダサい」とみんなが感じられるような社会にしていきたいですよね。私は特に、子どもが生まれてからルッキズムについてすごく考えるようになりました。例えば、ママ同士のなにげない会話の中で、相手の子どもの容姿を褒める一方、「うちは全然だから~」と自分の子どもの容姿を悪く言ってしまう人もいます。でも、みんなそれぞれ完璧な状態で生まれてきているわけです。「あなたの物差しで良しあしを決めないで」と思いますね。

成毛 本当にそうですよね。同じ能力なら見た目がいいほうが、仕事で採用されやすい、などということもあってはならない。