なぜ女性だけが毛を処理しなくてはいけない?

成毛 最近は男性も化粧をするようになりましたね。ルッキズムではないけれど、いわゆる清潔感ある見た目を意識するとか、エチケットとして努力するといったことは必要なのでしょうか。

SHELLY それは本人の好みでいいと思うんです。例えば今、海外でちょっと話題になっているのが、脇毛や足の毛といった女性の「毛」の問題。これまで、毛を剃(そ)るのは女性としてのエチケットだとされてきたけれど、「なぜ女性だけが毛を処理しないとダメだと判断されてしまうの? それっておかしくない?」と声を上げる人たちも出てきています。

SHELLYさん

SHELLYさん さらに画期的だったのが、カミソリやシェーバーを製造・販売している会社(編集部注:貝印)が、剃るか剃らないかは自分で決めるという「剃らない自由」を広告で打ち出したこと。みんなが毛を剃らないと商品が売れないのに、あえてそこに踏み込んで、生き方も毛の剃り方ももっと自由でいいという姿勢を見せたことがすごく格好いいなと思ったんですよ。

成毛 それ、いいですね!

SHELLY 他にもこうした動きが出てきています。例えば、美白というワードをやめようという動きもありますね。そもそもいろんな肌の色があるし、生まれたときの肌の色が一番美しいのであって、白が美しいって誰が決めたの?と。「肌色」と書かれたクレヨンがなくなったのもそう。ようやくいろいろと変わり始めてきたなと感じます。

 こうした動きが進むと、それに反発する人も出てくるけれど、「傷つく人がいるんだったらやめようよ」ということです。美しさの基準は誰が決めたのか? 世の中が勝手に〇×を決めてきたことに対して、疑問を持つのも、社会を変えていく一歩なんじゃないかなと思います。

成毛 嫌な気持ちになる人がいたら、その人の気持ちに寄り添う。これって本来当然のことですよね。