子どもから高齢者まで楽しめる日本科学未来館に

―― 新館長として今後、日本科学未来館ではどのような取り組みをする予定でしょうか。

浅川 さまざまな人たちに来館してもらえる環境づくりに尽力したいです。

 その一つが展示やイベントの内容。日本科学未来館といえば、「子どもが集まるところ」とイメージする人もいるかもしれません。もちろん親子で楽しめる展示やイベントもありますが、環境科学や宇宙工学など、大人も興味を持ってもらえそうなものもたくさんあるんです。現役研究者である私が館長になったので、最新技術の紹介などもより推進していきたいですね。

 また、私のように障がいのある人や高齢者が館内を歩き回れるユニバーサルデザインの仕組み作りも考えていきたいです。自身の経験も生かしたいですし、来館者の声も積極的に伺っていきたい。

 日本科学未来館には子どもから高齢者まで、未来のことを考えるうえで必要な情報がたくさんあります。年齢や性別、理系・文系など関係なく、いろいろな人たちにとって学びのある場所にしていきたいと思います。

取材・文/橋本岬(日経xwoman編集部) 写真/日本科学未来館 提供