「俳優の意思を聞きつつ、監督の意向と擦り合わせていきます。ここが、インティマシー・コーディネーターの最も必要とされる場面です」