「日本でインティマシー・コーディネーターを増やしていくためには、まずは自分が経験と実績を増やし、日本の作品づくりの現場に合うコーディネートの手本をつくっていくことが先決です」