より積極的に昇進に関与してほしい

セディア 特に最初の意見には反対だとはっきり申し上げましょう。「女性に管理職はできない」というエビデンスはありませんし、調べれば、性別、人種といったダイバーシティ(多様性)が確保されているチームのほうが、そうでない場合に比べて生産性が高いというデータが数多く出ています。先ほどのような意見は、個人的な思い込みで発言しているにすぎません。

 ただ、「やりたがらない」については、私も女性に対してより積極的に昇進に関与してほしいと思います。例えば、あるポジションが空いていて、ほぼ同じスキルを持った男性と女性の候補者がいた場合、私の経験では、男性候補者のほうが積極的な態度に出ることが多いと感じます。

「『管理職に適した優秀な女性がいない』は、個人的な思い込みによる意見」(セディアさん)
「『管理職に適した優秀な女性がいない』は、個人的な思い込みによる意見」(セディアさん)

セディア 女性は生真面目に考えてしまい、「求められる役割のこの部分に、私は十分な経験がありません」というふうに引いてしまう。男性のほうは、経験がなかったとしても「新しい仕事をするなら未経験は当たり前。必要なことは、これから学べばいい」と前向きに発想を切り替えられる人が多いように感じます。

―― そこで、前編(ワクチン開発責任者「女性は人文系に向く」は思い込み)でも話が出たように、メンター、スポンサーの存在が必要になってくるのでしょうか。

セディア そうなります。昇進というチャレンジは、自分に足りないことを知った上で、能力開発をして、今までは見えなかった景色を見ることです。自分ではなかなか勇気が出ないジャンプをするためには、サポートが必要になります。私自身も、昇進の際にはメンターやスポンサーに、背中を押してもらいました。

―― 日本企業の中には、スポンサーシップを会社の制度として導入しようという動きが出てきています。

セディア スポンサーシップそのものは、社員の可能性を伸ばすのを助けたり、立場を可視化したりする面があるので、いいことだと思います。ただ、会社がスポンサーをアサインする場合、取り組みが表面的にならないよう、注意する必要があると思います。本来は、素晴らしい仕事をする人を自分で見つけて、スポンサーになってほしいとお願いし、その人に相談して刺激を受けるほうが、より効果的なのではないかと、個人的には思います。