1. TOP
  2. ひと
  3. 言葉を編む・紡ぐ xwomanインタビュー
  4. アスリート経験で得た着やせ術で人を幸せに おかだゆり
言葉を編む・紡ぐ xwomanインタビュー

アスリート経験で得た着やせ術で人を幸せに おかだゆり

レスリング選手からデザイナーへ 悩める人からの相談に寄り添うアドバイスも

Terraceで話題!

日本トップレベルの女子アマチュアレスリング選手から、現役引退後、女性アスリートの体形をきれいに見せるファッションブランド『KINGLILY』を2016年にスタートした、おかだゆりさん。Instagramや主宰するオンラインサロンでは、自身をモデルとして体を張って「アスリート体形でも細く見える」着やせ術を披露し、多くの支持を集めています。アスリートからデザイナーへという異例のキャリアをどのように形成してきたのでしょう。競技人生から今に至るまで、そしてこれからについて伺いました。

おかだゆり(岡田友梨)。1984年滋賀県生まれ。至学館大学卒。アマチュアレスリングで全日本学生選手権優勝、世界選手権大会3位、オリンピック1次予選国内大会3位などの実績を上げ、2011年引退。16年にKINGLILY設立
おかだゆり(岡田友梨)。1984年滋賀県生まれ。至学館大学卒。アマチュアレスリングで全日本学生選手権優勝、世界選手権大会3位、オリンピック1次予選国内大会3位などの実績を上げ、2011年引退。16年にKINGLILY設立

「太ももが入らない」鍛えた女性におしゃれは困難と知る

日経xwoman編集部(以下、――) 洋服を作ろうという思いはいつごろから抱いていたのでしょうか。

おかだゆりさん(以下、おかだ) 小学校から柔道を習っていて、毎日ジャージで登校するような生活でしたが、中学生でおしゃれに興味を持って、「ジーパンとかはいてみたいな」と思ったんです。

 そこで母親のジーパンをはいてみたら太ももが入らなくて。体を鍛えているので太っているという意識は全くありませんでしたが、太ももが通るズボンはウエストが大き過ぎるし、肩幅に合わせてメンズのTシャツを着るとブカブカ。

 鍛えた体でおしゃれするのは難しいと気づき、着やせを研究するようになりました。高校以降はレスリングに転向し、より筋肉質の体形になりました。大学生になってからはオリンピックを目指しながらも、いつかアスリート向けの洋服を作りたいという気持ちも抱いていましたね。

―― 現役時代から、現在のビジネスに対する青写真があったんですね。

おかだ ビジネスをやろうとまでは考えていませんでしたが、その頃から、「KINGLILY」という名前は思い描いていました。名前の「ゆり(=LILY)」で、アスリートだからQUEENよりKINGのほうが強さを意味するのにもしっくりくるなと。

―― 競技を引退するにあたって、迷いや葛藤などはありませんでしたか?

おかだ 私は「0か100か」タイプで、やめる決断はいつも急です。事前に次の準備をする性格じゃない。ここまで結果を出したら、とか、この大会に出たら、とかでもなくて、自分の心がやめたいと感じたことが引退を決意したきっかけです。

 もちろん、オリンピックに行ける可能性もある状況だったから、家族や周囲には引き留められました。それでも、逃げたいからではなくて、やりたいことがあるからやめたいんだと、服飾の専門学校の資料を見せて説得することで納得してもらえましたし、応援もしてもらえました。

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル
まもなく終了!初割キャンペーンは1/31まで

まもなく終了!初割キャンペーンは1/31まで

日経xwomanと日経電子版を2カ月間無料で体験いただけます。