肋骨と骨盤の間に4本分、指が入る?

胸腔と腹腔の内圧を高められる姿勢になっているかを確認しよう。親指を背中側に回し、人差し指を肋骨の一番下に当てる。人差し指から小指までの指4本が肋骨の一番下と骨盤の間に収まっていればOK