エイジング対策できるイワシ缶アレンジレシピ

 ポルトガルのリスボンでは、6月の聖アントニオの日に街中でイワシを食べる「イワシ祭り」が行われるほど、イワシは馴染み深い魚。ポルトガル料理教室を主宰する馬田(ばだ)草織さんに、簡単にできるポルトガル風イワシ料理などを教えてもらったので、4回にわたって紹介する。

 今回は、時短レシピ。効果的に脂質代謝を上げ、筋肉をつけるためには、忙しい朝でも5~10分で簡単にできるレシピがお薦めだ。

山盛りショウガのイワシ醤油焼き
山盛りショウガのイワシ醤油焼き

缶ごと調理の絶品ズボラめし
山盛りショウガのイワシ醤油焼き

[1人分]カロリー233kcal・EPA+DHA1050mg・ビタミンD4.4μg

【材料(2人分)】(調理時間10分)
イワシ缶(オイル煮)…1缶(125g)
万能ネギ…5本
ショウガ…大1片
醤油…小さじ1

【作り方】
1. 万能ネギとショウガをみじん切りにする。
2. イワシ缶のオイルを小さじ1杯分減らし、上に1の半量のネギをのせ、醤油を回しかける。トースターで3分ほど、表面がこんがりするまで焼く。
3. 仕上げに1の残りのネギとショウガをのせる。

【point】
ネギの代わりに、実山椒の水煮や佃煮を加えて焼けば、ピリッとしびれる大人の味に。