凝りをためこまない! いつでもどこでもできるリセット術

 つい猫背になってしまう、肩まわりが張りやすいという人はこちらもお薦め。通勤中や仕事の合間などにこまめにリセットを。

プチリセット(1)手のひらを上に向けるだけで、猫背が改善!

プチリセット(1)手のひらを上に向けるだけで、猫背が改善!

  両手をひざの上にのせて座り、ひじを後ろに引いて手のひらを上に向ける。それだけで胸が開き、肩甲骨が引き寄せられる。デスクワークの合間に行えば、パソコン作業などで開いた肩甲骨を即リセットできる。

プチリセット(2)皮膚をつまむだけで、肩のハリや痛みが消える

プチリセット(2)皮膚をつまむだけで、肩のハリや痛みが消える

 凝りがひどく、痛みが出るほどパンパンに張っている肩は、筋肉と皮膚が癒着している状態。「皮膚の表面を少しずつつまみ、軽く揺するだけで、くっついた筋肉と皮膚をはがすことができる」(金岡教授)。痛みが消え、肩が軽くなる。

金岡恒治
早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授
金岡恒治 整形外科医、日本脊椎脊髄病学会指導医。オリンピック帯同スポーツドクター。筑波大学整形外科講師を経て、2007年より早稲田大学へ。スポーツ医学および運動療法の教育・研究に携わる。体幹深部筋研究の第一人者。

取材・文/やまきひろみ 写真/鈴木 宏 モデル/MIKA