毎日の「歩く」動作も、少し気を配るだけで骨盤を正しい位置に整えてくれます。そんな正しいウオーキングをマスターして、頑張らずに歩くだけでシェイプアップ!

・足首の柔らかさがカギ 骨盤からやせる美ウオーク・前編 ←本日はココ
・ラクに歩く着地のコツ 骨盤からやせる美ウオーク・中編
・むくみがとれる筋トレ 骨盤からやせる美ウオーク・後編

骨盤を整える「美ウオーク」に必要なのは“足首の柔らかさ”

 骨盤と歩き方に関係があるの? と疑問に思うかもしれない。埼玉中央フットケア整体院の冨澤敏夫さんは「かかとに重心を置いたままペタペタ歩く『ペンギン歩き』をする人が多い。これは、後ろの脚をしっかり伸ばして踏ん張らないため、足からひざ、骨盤までが連動せず、お尻の筋肉、大殿筋が衰える原因に。すると骨盤が後傾し、腰痛につながることもある」と話す。

 こうした歩き方を変えるためには、「足首の柔軟性が必要。足首がしなやかに動けば、かかとを地面に着いてから蹴り上げる間に、足首から尻まわりの筋肉まで、スムーズに連動して働くようになる。その結果、骨盤が正しい位置に整ってくる」(冨澤さん)。

 一方、「正しいフォームで歩くと、それだけで全身運動になる」というのは、歩き方を変えてダイエットに成功した、モデルで、姿勢&ウォーキングアドバイザーの仁香さん。正しいフォームで歩くと、お尻の筋肉も鍛えられ、血液やリンパの巡りが改善し、冷えやむくみの解消も期待できるという。

 今回は、足首のストレッチから始める、正しいフォームで歩く「美ウオーク」を仁香さんに教わった。「1日何分と決めなくても、毎日の通勤や買い物の行き帰りだけでOK。自然とボディラインも引き締まりますよ」(仁香さん)。