美ウオークでは「かかと着地」が基本。そこを意識するだけで体重移動がスムーズに行われ、大殿筋も鍛えられます。足の運びがラクになり、歩くことが楽しくなります。

足首の柔らかさがカギ 骨盤からやせる美ウオーク・前編
・ラクに歩く着地のコツ 骨盤からやせる美ウオーク・中編 ←本日はココ

・むくみがとれる筋トレ 骨盤からやせる美ウオーク・後編

骨盤からやせる「美ウオーク」の基本

 「正しいウオーキングには柔らかい足首がポイント」と姿勢&ウォーキングアドバイザーの仁香さんも埼玉中央フットケア整体院の冨澤敏夫さんも口をそろえる。というのも、正しいウオーキングはかかと着地から、重心移動が基本だが、足首が硬いとしっかりと体重移動ができず、かかと重心のままの『ペンギン歩き』になってしまうからだ。「ウオーキング講座でも、歩く前には必ず足首をグルグルと回すストレッチをします。ですが、ほとんどの人は凝り固まってスムーズに回せない。思っている以上に、足首を動かせない人は多い」と仁香さん。ウオーキング前には必ず足首のストレッチを行おう。

 歩く際、注意したいのは、「かかと着地」だ。「かかとだけに体重をかけて、ドスンと着地するのはNG。軽く着地してから、かかと全面を地面につけるようにするのがコツ。また、歩幅は意識して大きくしないほうが、かかとへの衝撃は小さい」(冨澤さん)。

 着地したら、かかとからつま先へとスムーズに体重を移動させ、最後にはスッと足裏が地面から離れるようにする。無理に「蹴り出す」のではなく、足首をグッと伸ばし、自然と後ろへかかとを「押し出す」のがポイントだ。この体重移動により、お尻の筋肉、大殿筋にも負荷がかかり、シェイプアップされる。

 次のページでは、美ウオークの前に行ってほしい凝りをほぐす足首のストレッチを紹介しよう。