失敗しない!夕食断食Q&A

 夕飯を抜くだけなら簡単そうに見えるけれど、気をつけることはないの? 初めて断食に挑戦する人が抱きやすい疑問について、堀江さんに答えてもらいました。

Q1. 夕食断食中に口していいもの&NGなものってあるの?

A. 水分補給はOK、ただし刺激物はNG。断食中でも水分補給はしっかりしよう。お茶や水なら飲んでもいい。ただし、刺激のある飲み物は胃腸の負担となるので避けて。

【OKな飲み物】
水や麦茶、ルイボスティーなどなら問題なし。「お腹がすいてつらいときは、カツオ節や昆布、鶏肉などで取っただしスープを。空腹を紛らわしやすい。ただし、だしスープを飲み過ぎると余計にお腹がすくのでほどほどに」(堀江さん)。
・ お茶
・ 水
・ だしスープ(塩分のないもの)

【NGな飲み物】
空腹時のコーヒーやアルコールは胃腸の刺激になる。お腹に優しそうなスムージーやポタージュなども消化で負担がかかるので断食中はNG。加えて、「果糖ブドウ糖液糖や人工甘味料はできるだけ避けてほしい」。
・ コーヒー
・ アルコール
・ スムージー
・ ポタージュ
・ 人工甘味料の入った飲み物

Q2. いつ夕食断食を行うと効果的なの?

A. 月経が終わった直後からOK!女性は月経周期を考慮して。お薦めは月経が終わった直後。逆に最も避けたいのが月経前。「ホルモンバランスの変化で、便秘になったり、むくみやすかったりする時期。断食の効果も得られにくい」。男性は好きなタイミングでOK。

Q3. 断食中に胃のむかつきや体調不良を感じたら?

A. 断食を止めて食事量を減らすことから始めよう。食べ過ぎなどが原因で胃酸過多になっている人や、頻繁に間食している人が急に断食を行うと、体調不良を感じてしまうことがある。こういった人が胃腸の働きを良くするためには、断食よりまず「夕食を腹7分目に減らし、間食をやめることからトライして」。

Q4. 夕食断食を行ってはいけない人は?

A. 病気治療中の人はやめて。病気の治療中は、断食より栄養をしっかりとることが大事。治療に合わせ食事が制限されることもあるので。「治療を優先させて。どうしても挑戦したい場合は、あらかじめ医師に相談して判断を仰いでほしい」。

Q5. 朝食を抜くのではダメですか?

A. 朝食は1日を活発に過ごすために必要! 「朝食をとると体温が上がり、1日を活発に活動できるようになる。漢方では午前7時〜9時を“胃の時間”と呼び、この時間帯に食事をすると栄養素を十分吸収できるとされている。朝食は抜くのではなく、しっかり食べるようにして」。

 次回は、「胃腸を助ける滋養食 鶏レシピ」をご紹介します。

堀江昭佳
堀江薬局(島根県出雲市)代表
堀江昭佳 漢方薬剤師。不妊カウンセラー。一般社団法人日本漢方薬膳協会代表理事。島根県の出雲大社参道で90年以上続く老舗漢方薬局の4代目。著書『血流がすべて解決する』(サンマーク出版)が27万部を超えるベストセラーに。近著は『血流がすべて整う食べ方』(サンマーク出版)。

取材・文/岡本 藍 写真/PIXTA

日経ヘルス2018年3月号掲載記事を再構成
この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります