猫背だと、老けて見えるもの。だから、背すじを伸ばすけれど、気を抜くとすぐに猫背に……。そんなこと、ありませんか。でも、「骨盤ヨガ」で、股関節の柔軟性を高めれば、骨盤が正しい位置になり、ラクに美姿勢を保てます! 今回は悪い姿勢を引き起こしている骨盤の傾きについてお伝えします。

・股関節が硬いと、老け見え猫背に 「骨盤ヨガ」で改善 ←本日はココ
・寝る前5分の「骨盤ヨガ」 股関節の動き高めるポーズ
・股関節の前をほぐしリンパの巡りよくする 「骨盤ヨガ」

 老け見え姿勢につながる骨盤のゆがみは、骨盤が後ろに倒れた『骨盤後傾』だろう。「猫背になるうえ、肩こりや腰痛の引き金にもなる」とヨガインストラクターの峯岸道子さんは言う。

 解消法として、「股関節の柔軟性を高めるといい」(峯岸さん)。股関節は体の中で最も大きな関節。ボール状に丸くなった骨の先端が、骨盤の一部にはまっているため、本来自在に動かせる。しかし、座りっぱなしで股関節を前側に折り曲げ続けていると「骨盤の前側にある腸腰筋だけでなく、後ろ側の大殿筋や中殿筋も硬くなる。結果、骨盤は後傾する。しかし、股関節が柔らかいと、普段の動きでこれらの筋肉がしなやかさを保てるため、骨盤が正しい位置になりやすい」と峯岸さん。

 そこで紹介するのが「骨盤ヨガ」。骨盤“前”の腸腰筋をほぐし、骨盤“後ろ”の大殿筋を中心にほぐす。体の緊張もほぐれてリラックスできるから、寝る前に行うのがお薦めだ。

美姿勢へのカギは骨盤の前と後をほぐすこと