前回、悪い姿勢を引き起こしているのは、骨盤の傾きということを伝えしました。今回は、骨盤の傾きを正し、美姿勢になる「骨盤ヨガ」をご紹介します。まずは、大臀筋をほぐすことからスタート!

股関節が硬いと、老け見え猫背に 「骨盤ヨガ」で改善
・寝る前5分の「骨盤ヨガ」 股関節の動き高めるポーズ ←本日はココ

・股関節の前をほぐしリンパの巡りよくする 「骨盤ヨガ」

骨盤の後ろを伸ばして股関節の動きをなめらかに

  「骨盤ヨガ」は、まず骨盤の後ろ側、凝ったお尻の筋肉をしっかりほぐすことから行う。「あぐらのポーズ」で股関節をしっかり開いた姿勢をとり、上体を前に倒すことで、お尻をほぐす。

 また、「四つばいのポーズ」では、脱力した上半身の重みを股関節にかけながら、骨盤を回すことで、股関節の動きを高める。 「股関節の骨の形や関節のはまり方は個人差があって変えられないが、動かせる範囲(可動域)を広げることは誰にでもできる」とヨガインストラクターの峯岸道子さん。

お尻の凝りも腰痛も改善【あぐらのポーズ】

 上半身を真っすぐにし、股関節から体を折るようにして傾けるのがポイント。凝り固まったお尻の筋肉がほぐれるため、悪い姿勢が原因の腰痛も改善。胸がしっかり開くため、バストアップにも。

あぐらをかいて、手を後ろにつく
あぐらをかいて、かかとを自分のほうに引き寄せる。手は体の後ろ側につく。

1. 手で床を押して、腰と背中を伸ばす
手のひら、もしくは指で床を垂直に押すようにして骨盤を立て、上体を引き上げるようにして背すじを伸ばす。

2. 息を吐きながら上半身を前に傾ける
上半身を伸ばしたまま、息を吐きながら前に傾けていく。斜め45度ぐらいで手を前につき、ゆっくり2〜3呼吸。ひじを軽く曲げ、手のひらで床を引き寄せると、股関節にも働きかけられる。