骨盤の傾きを正し、美姿勢になる「骨盤ヨガ」。前回は、大臀筋をほぐして老け見え姿勢を解消するポーズを2つ紹介しました。今回は、骨盤の前部分である、腸腰筋を伸ばしてリンパの巡りをアップさせるポーズで美姿勢をキープできる方法をお伝えします。

股関節が硬いと、老け見え猫背に 「骨盤ヨガ」で改善
寝る前5分の「骨盤ヨガ」 股関節の動き高めるポーズ
・股関節の前をほぐしリンパの巡りよくする 「骨盤ヨガ」 ←本日はココ

骨盤の前を伸ばせばたちまち美姿勢に

 骨盤の後ろ大臀筋をほぐしたら、次のターゲットは、骨盤の前側にある腸腰筋だ。腸腰筋は脚を持ち上げる筋肉で、ストレッチするには脚を後ろに引く。

 「骨盤前側伸ばしのポーズ」では、腸腰筋を最大限に伸ばす。「最初、少し痛いと感じる人は呼吸を深く繰り返しながら、無理せずゆっくり行って」(ヨガインストラクターの峯岸道子さん)。股関節の前側にあり、リンパが集まるそけいリンパ節も刺激するため、脚のむくみ改善も期待できる。

 「バンザイのポーズ」は、体の前側の緊張がゆるみ、クールダウンになる。ポーズが終わった後はそのまま寝るのもいい。

股関節を動きやすくする【骨盤前側伸ばしのポーズ】

 クラウチングスタートのような姿勢から重心を前にかけて、腸腰筋をじっくり伸ばす。腸腰筋は、脚を後ろ側に引くとよく伸びる。

1. クラウチングスタートのような姿勢になる
足を前後に大きく広げて後ろのひざを床につき、両手を前につく。後ろ足のつま先は立てておく。

2. 息を吐きながら重心を前にかける
息を吐きながら重心を前にかけ、目線を少し上げて呼吸を5回繰り返す。前のひざがつま先より前に出る場合は、後ろ足を引いて調整を。ひざが痛む場合はひざ下にタオルを敷いて。