骨盤の“底”にあって、臓器を支えている骨盤底筋。ここが弱くなると、尿もれなど、さまざまな女性の不調につながると注目を集めています。骨盤底筋を動かす感覚は、初めはわからないもの。今回は、骨盤底筋のトレーニング指導をしている理学療法士に、コツを教わりましょう。

骨盤底筋トレが苦手な人に朗報 あの体操で尿もれ改善【1】
骨盤底筋は弱くなると尿もれ、硬くなると性交痛に【2】
・タオル1枚でできる「入門・骨盤底筋トレ」【3】 ←本日はココ

・骨盤底筋が硬い、動かせない人は股関節まわりをほぐす【4】
・できる?締めたまま動かす上級編の骨盤底筋トレ【5】

 「腹圧性尿失禁の場合、階段を上り下りしたり、力を入れる作業をしたときに、もれやすい。そんな動作の際にも、骨盤底筋にしっかり力が入っていることが大切。そのためには、まず正しい骨盤底筋の動かし方をつかんでほしい」と昭和大学横浜市北部病院 女性骨盤底センター 骨盤底リハビリテーション外来 理学療法士の重田美和さん。

 重田さんが薦めるのが、筒状に丸めたタオルを使った骨盤底筋トレだ。「このタオルを、イスに置き、尿道、膣、肛門にあたるようにする。お尻の左右の坐骨を立てて座り、膣、肛門の穴でタオルをつかむような感覚を覚えて」(重田さん)。