骨盤の“底”にあって、臓器を支えている骨盤底筋。ここが弱くなると、尿もれなど、さまざまな女性の不調につながると注目を集めています。前回紹介した、骨盤底筋トレで骨盤底筋の動かし方がわかるようになってきたら、骨盤底筋を収縮した状態で骨盤を様々な角度に動かしてみましょう。今回は上級編エクササイズを紹介します。

骨盤底筋トレが苦手な人に朗報 あの体操で尿もれ改善【1】
骨盤底筋は弱くなると尿もれ、硬くなると性交痛に【2】
タオル1枚でできる「入門・骨盤底筋トレ」!【3】
骨盤底筋が硬い、動かせない人は股関節まわりをほぐす【4】
・できる?締めたまま動かす上級編の骨盤底筋トレ【5】←本日はココ

動きながら骨盤底筋トレ! 上級編にトライ!

 上級編は、どんな状況でも骨盤底筋を働かせられるようになるため、骨盤底筋を締めたまま、骨盤の傾きをいろいろな方向に変える。「普段座っている時間が長い人にお薦め。骨盤底筋を締め、上に引き上げるような状態をキープしながら、呼吸を止めずに行って」と、理学療法士の石井美和子さん。

 「おしっこを細く出す、すかしおならをするイメージでもいい。症状が出ていないから関係がない、というのではなく、骨盤底筋トレはできるだけ早くから全女性が行ってほしい」(石井さん)。