毎日2分 トイレのそうじ法

【チェック1】便器は除菌シートで上から下へ

使い捨てウエットシートを使い、タンク→便器のふた→便座と、上から下への順に拭く。上部のホコリが下に落ちるため、逆はNG。ペーパーホルダーやドアノブなども拭く
使い捨てウエットシートを使い、タンク→便器のふた→便座と、上から下への順に拭く。上部のホコリが下に落ちるため、逆はNG。ペーパーホルダーやドアノブなども拭く

【チェック2】便器内のブラシは、ポリ袋を被せて

便器ブラシの細菌繁殖を防ぐには、ポリ袋を被せた状態で中性洗剤で洗い、毎回、袋を捨てる。汚れが取れない場合は、酸性洗剤とペーパーで3分間パックするとよい
便器ブラシの細菌繁殖を防ぐには、ポリ袋を被せた状態で中性洗剤で洗い、毎回、袋を捨てる。汚れが取れない場合は、酸性洗剤とペーパーで3分間パックするとよい

週2回 トイレのそうじ法

【チェック3】壁と床のホコリは上から下、奥から手前へ

壁は上から下、床は奥から手前へと、切れ目入りスクイージーを一方向に動かして、ホコリを取る。先に便器をそうじすると水が飛び散って取りにくくなるので、先にホコリを取る
壁は上から下、床は奥から手前へと、切れ目入りスクイージーを一方向に動かして、ホコリを取る。先に便器をそうじすると水が飛び散って取りにくくなるので、先にホコリを取る
菌が集まるスリッパは使わないほうがよい!?
菌が集まるスリッパは使わないほうがよい!?
 「スリッパは布製よりゴム製のほうが細菌が繁殖しづらい」と松本さん。週1回、除菌シートで拭き消毒用エタノールをスプレーする。「床が清潔なら、むしろスリッパはないほうがいい」(松本さん)。
松本忠男
医療環境管理士
松本忠男 亀田総合病院の清掃管理者として約10年間、現場のマネジメントに従事。現在は、医療関連サービスのトータルマネジメントを行う「プラナ」代表として、現場で得たノウハウを医療、介護施設などに提供。また、清掃に関するテレビ番組や記事の監修も行う。著書『図解 健康になりたければ家の掃除を変えなさい』(扶桑社)では、松本式そうじ術のノウハウを、家の中の場所別に写真とイラストでわかりやすく紹介。

取材・文/浦上泰栄 写真/吉澤咲子 イラスト/みやしたゆみ