骨盤底筋が弱くなると、尿もれなどさまざまな女性の不調につながると注目されています。骨盤底筋を実感しにくいという人は、骨盤底筋が硬くなっている可能性も…。そんな人は骨盤底筋ストレッチから始めてみましょう。骨盤底筋トレの効果を高めたい人にもおすすめです。

骨盤底筋トレが苦手な人に朗報 あの体操で尿もれ改善【1】
骨盤底筋は弱くなると尿もれ、硬くなると性交痛に【2】
タオル1枚でできる「入門・骨盤底筋トレ」【3】
・骨盤底筋が硬い、動かせない人は股関節まわりをほぐす【4】←本日はココ

・できる?締めたまま動かす上級編の骨盤底筋トレ【5】

骨盤底筋が硬い人にはこれ! ストレッチで骨盤底筋をほぐす

 骨盤底筋を動かせない場合はどうすればいいのか。「直接理学療法士から、骨盤底筋のトレーニング指導を受けるのが一番いいが、骨盤底筋が硬くなっている場合は、骨盤底筋のストレッチで、コツをつかめる場合もある」(昭和大学横浜市北部病院 女性骨盤底センター 骨盤底リハビリテーション外来 理学療法士の重田美和さん)そうだ。

 そこでトライしたいのは、2つの骨盤底筋ストレッチ。「骨盤底筋は股関節と連動している。だから、まず股関節周辺の筋肉をしっかりほぐす。この2つを行うだけでも、骨盤底筋の動きやすさを実感できるようになるかもしれません」(重田さん)。なお、「以前はトイレで排尿する際に、尿を止める練習をするとよいといわれたこともあったが、最近は尿が出にくくなるなどの悪影響を及ぼすとされている。排尿を実際に止めるような練習はしないでほしい」と重田さんは話す。