腸のためによかれと思っていることが実は間違っていた!? 本当に効果的なストレス便秘対策について、3人の医師に教えてもらいました! 今回は3つのケースをご紹介します。

・○×でわかる“やってはいけない”ストレス便秘対策【1】←本日はココ
・激しい運動は×?正しいストレス便秘対策【2】

 「ストレス性の便秘は自律神経のバランスが乱れることで起こりやすくなる」と話すのは、鳥居内科クリニックの鳥居明院長。「緊張や不安などストレスを抱えた状態が続くと、自律神経の中で交感神経が優位になり、腸の動きが悪くなる」(鳥居院長)。すると便が腸の中で停滞し、水分がどんどん吸収されるため、コロコロした硬い便になってスムーズに出にくくなる。

腸の動きはストレスの影響を受けやすい

リラックスした状態の腸管内(写真提供/水上部長)
リラックスした状態の腸管内(写真提供/水上部長)
緊張すると腸管はきゅっと閉じる(写真提供/水上部長)
緊張すると腸管はきゅっと閉じる(写真提供/水上部長)
腸のけいれんにより、便がコロコロした形状に(写真提供/水上部長)
腸のけいれんにより、便がコロコロした形状に(写真提供/水上部長)