手も顔と同じようにケアすることが大切

 ハンドケアでぱっと思いつくのは、ハンドクリームを塗ることだろう。しかし、「クリームを塗るだけでは、手はきれいになりにくい。顔のように、きちんと水分を与えるケアをすることで、ふっくらと柔らかい手に戻ります」(土屋さん)。

油分保湿ケアゾーンと水分保湿ケアゾーンに分けてハンドケアをする

(1)油分保湿ケアゾーン
指先と爪はいつものクリームで油分を塗り込む

(2)水分保湿ケアゾーン
手の甲と指関節はジェルで水分補給

 だから、乾燥しがちな指先や爪にはクリームを、手の甲には、保湿しながら水分を補給できるハンドジェルを使う、ゾーン別ケアが大切。必要なのは手持ちのハンドクリームに加え、ジェルタイプのハンドクリームだ。

老けない手を作る4ステップ
□ハンドジェルで水分補給
□指先と爪にはしっかり塗り込む
□UVケアも心がけよう
□血流アップマッサージ

  詳しい塗り方は次回、紹介。毎日のケアを試みて、手をキレイによみがえらせよう!

土屋智子
手の病院サロン 代表
土屋智子 2000年から現在までネイルサロンを経営するなかで、手の老化に悩む人が多いことに気づき、「手」のケアの必要性に着目。独自のハンドトリートメントを主とする同サロンを開設。普及に努める。
山下理絵
湘南藤沢形成外科クリニックR総院長 医師
山下理絵 湘南鎌倉総合病院形成外科・美容外科部長を23年半務めたのち、2018年より現職。外傷や再建などから美容治療まで、形成外科分野で幅広く活躍。あざやシミなどのレーザー治療で定評がある。

取材・文/清水すま子、熊 介子 写真/鈴木希代江 モデル/島村まみ イラスト/三弓素青