1日1回必ずやろう! ゾーン別ハンドケア

まずジェルを塗る

使う量は片手で直径1cm
(1)ジェルを手の甲に広げる、(2)手の甲から指の股に広げる

(1)ジェルを手の甲に広げる
ジェルを、乾燥でキメの乱れが目立つ手の甲につけ、手の甲同士を軽くすりあわせて塗り広げる。このとき、強くこすりすぎないように優しく行う。

(2)手の甲から指の股に広げる
塗り忘れやすい指の股や指のワキにも丁寧に伸ばす。関節のシワの部分は指で押し広げるようにクルクルとなでるといい。

次にクリームを塗る

爪の根元にのせる
(3)クリームを爪に塗りこむ、(4)爪の裏にも塗りこむ

(1)クリームを爪に塗りこむ
爪の根元にクリームをのせる。爪の周りに広げていくように、小さな円を描きながら、軽くマッサージするように塗りこんでいく。

(2)爪の裏にも塗りこむ
爪の裏側や先端にも満遍なくクリームを塗りこむ。爪と指の境目にもきちんとクリームを行きわたらせることで、爪に柔軟性も生まれるので、割れ爪などの予防に。

最後は手全体になじませる
余ったクリームやジェルは手のひら全体に広げ、ベタつきがなくなるまでなじませる。