■認知症は、脳に“ゴミ”がたまった状態

βアミロイドに集まる薬剤を注射し、PET検査で画像化したもの。右写真で点線で囲った黄色く染まった部分がβアミロイドの蓄積を表す。アミロイドPET検査は、プレクリニカル認知症や軽度認知障害の診断に役立つが、現在は残念ながら研究施設などでしか受けられない(写真提供:伊東医師)