顔の老化予防に絶対欠かせない「これだけ」ケアは、紫外線対策と顔筋トレの2つ。今回は、守りの「三角塗りUVケア」を紹介。シミができやすい頬の三角エリアがきれいになるだけで若く見える!

顔の老化を食い止める!2大“これだけ”ケアとは【1】
・シミ、くすみ…光老化を防ぐには「三角塗りUVケア」を【2】←本日はココ

・ぐるぐる舌回しが顔の老化予防に役立つワケ【3】

 紫外線が日増しに強くなるこの時期、UVケアを欠かさない人は多いはず。しかし、「規定の量をきちんと塗っていない人が実は多い」と名古屋市立大学大学院 医学研究科皮膚科学の森田明理教授は指摘する。「少ない量を手のひら全体に伸ばしてさっとなじませるような塗り方が目立つ」(森田教授)。それでは紫外線をしっかり防ぐことはできない。

 そこで、ヘアメイクアップアーティストのレイナさんが考案した「三角塗りUVケア」。シミやシワなどの光老化が生じやすい頬上の三角エリアを最も厚く塗り、紫外線を確実に防ぐ。

 「コツはちょこちょこ塗らず、思い切りよくざっと塗ること。そのほうがムラになりにくく、密着性が高まり、ツヤも出る。頬三角エリアは厚く塗っても重く見えず、逆にキレイに見えやすい」(レイナさん)。

 ツヤ感の出るUV下地などを使えば、美肌効果がよりアップ。