ゆっくりした呼吸に導くこれだけ呼吸筋ストレッチ

  腕を上げて開いて回す動きで、複数の重要な呼吸筋にアプローチするストレッチ。肩甲骨の動きを意識して行うのがポイントだ。

ゆっくりした呼吸に導くこれだけ呼吸筋ストレッチ

(1) 両手を頭上に上げ、鼻から吸って口から吐く
手の甲を内向きにして、人さし指と中指同士を合わせるような形で、腕を伸ばす。鼻から大きく息を吸って、ゆっくりと口から吐く。

(2)両側にひじを下ろす。ゆっくり大きな呼吸を
ひじが90度になる程度までぐっと下げる。鼻から吸って口から吐く。胸を大きく開くのがポイント。深い呼吸がしやすい状態に導く。

(3)両手をくるりと返し甲をつける。鼻から吸って口から吐く
両手を目の前に引き寄せ、手の甲を合わせる。同じく、鼻から大きく吸って口から吐く。肩甲骨を大きく広げるのがポイント。

 次回は、猫背も良くなり、呼吸が深くなる4つのストレッチ【3】を紹介する。

本間生夫
特定非営利活動法人「安らぎ呼吸プロジェクト」理事長、昭和大学名誉教授
本間生夫 医学博士。専門は呼吸生理学、脳生理学。昭和大学医学部にて教授を27年間務めた後、2013年に東京有明医療大学副学長、2017年に学長に就任(2021年3月退職)。東日本大震災の後、呼吸筋ストレッチを使った子どもの心をケアする活動なども行っている。
高橋康輝
東京有明医療大学 保健医療学部 柔道整復学科 准教授
高橋康輝 専門は健康・スポーツ科学。運動と呼吸、心臓の働きの関係などを研究。倉敷芸術科学大学生命科学部健康科学科助教授を経て、2009年より東京有明医療大学准教授。本間さんとともに、学校や介護施設などで呼吸筋ストレッチを教える活動を行う。

取材・文/御船晶子 写真/稲垣純也 モデル/MIKA 図版/三弓素青