首を支える土台を見直し、スマホ首の根本的改善を

 スマホ首を根本的に改善するなら、首を支える土台も見直そう。鄭院長は「スマホ首の人はもれなく猫背で、背骨と肋骨に囲まれた胸郭がつぶれた状態。 『胸開き首ストレッチ』は肩甲骨を持ち上げ、首を伸ばして胸を引き上げるため、胸郭を前後から広げる効果がある」という。

首の前側を伸ばして猫背姿勢を改善「胸開き首ストレッチ」

 肩甲骨周辺で硬直した筋肉をほぐしながら、首の前側とあご下をストレッチ。縮んだ胸が開き、呼吸も深くなる。

首の前側を伸ばして猫背姿勢を改善「胸開き首ストレッチ」

【1】両手を後ろで組んで引き上げ胸を広げる
後ろで組んだ両手を持ち上げ、肩甲骨を引き離す。このとき、腰が反らないように注意。

【2】頭を後ろに倒して、首の前側とあご下を伸ばす
腕を上げたまま首を後ろにしっかり倒す。首の前側とあご下の伸びを感じながら、深い呼吸を5回行ってキープ。

 さらに、美容面でのうれしい相乗効果も。「スマホ首で収縮した首やあご周辺のこまかな筋肉群がストレッチされ、顔や首まわりのシワ、たるみも改善できる」(鄭院長)。

首の前にある筋肉をほぐせば、顔や首のたるみも改善
スマホ首になると、あご下の「舌骨筋群」、頸椎の前にある「椎前筋」も硬く縮み、たるみを招く原因に。ここを全面的に伸ばすことで、首やあごまわりをすっきり引き締める効果も期待できる
スマホ首になると、あご下の「舌骨筋群」、頸椎の前にある「椎前筋」も硬く縮み、たるみを招く原因に。ここを全面的に伸ばすことで、首やあごまわりをすっきり引き締める効果も期待できる