もうひとつの作用の「発熱」に関しても、脂肪細胞のすごい働きぶりを紹介しよう。

 体が長期間、寒さにさらされると、白色脂肪細胞の中から、褐色脂肪細胞と同様の発熱作用を持つ新たな細胞が、生まれてくるのである。

【すごい事実2】寒さで新たに「ベージュ脂肪細胞」ができる

 寒い環境に長くさらされていると、白色脂肪細胞の中から、褐色脂肪細胞と同様の発熱能力を持つ「ベージュ脂肪細胞」が、新たに生まれてくる。寒さに適応すべく、体の発熱能力が後天的に強まる仕組みがあるわけだ。

 「ベージュ脂肪細胞」と呼ばれるこの細胞は、褐色脂肪細胞よりも長期的なスパンで働く(下図)。

【すごい事実3】
「褐色」は急な寒さに。「ベージュ」は長期間の寒さに対応

 褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞の違いは何か。「褐色」は生まれたときから身に備わっており、寒さを感じたときにまず働く。一方、「ベージュ」は、寒さが長期間続くと新たに生じ、寒さに強い体質へと切り替える。

 いわば「褐色」が急場の寒さ対策なのに対して、「ベージュ」は、寒さに強い体質へと体を変えるのだ。

 ベージュ細胞が増えた人は、脂肪がどんどん燃え、肥満やメタボになりにくいという。そのため現在、ベージュ細胞を人工的に増やすことを目指して、世界中で研究が進んでいる。そんな技術が開発されれば、脂肪細胞が抱えているざんねんな状況も、変わっていくかもしれない。

酒井寿郎
東京大学先端科学技術研究センター 代謝医学分野、東北大学大学院医学系研究科 分子代謝生理学分野 教授
酒井寿郎 1988年、東北大学医学部卒業。2009年から東京大学教授。2017年から東北大学教授を併任。遺伝子の後天的修飾「エピゲノム」が、生活習慣病や肥満の形成に深く関わっていることを突き止め、研究を進めている。

取材・文/北村昌陽 イラスト/SANDER STUDIO