脂肪細胞は、ただのエネルギー貯蔵庫ではない。ホルモンを放出し、脳やほかの臓器の働きぶりをコントロールしています。女性にとってとても大切な月経や妊娠機能とも深く関わる、隠れた「司令塔」なのだ。そんな脂肪細胞のマルチな働きぶりを紹介しましょう。

ざんねんな「脂肪細胞」、働いているのに嫌われる【1】
・ざんねんな「脂肪細胞」、実はスゴイ3つの事実【2】←今回はココ

脂肪細胞のすごさがわかる、3つの事実!

 白色脂肪細胞の本領は、単なる“貯蔵庫”を超えた働きぶりにある。さまざまなホルモンや生理活性物質を放出し、脳や性ホルモンなどの働きをコントロールしているのだ。

 「代表例は、レプチンです」と東京大学先端科学技術研究センターで脂肪細胞の研究をする酒井寿郎教授は言う。レプチンは、下記に挙げたようなマルチな機能を持つホルモン。その分泌量は、細胞にたまった脂肪の量に応じて、増減する。

【すごい事実1】
白色脂肪細胞は“レプチン”というホルモンを出す

白色脂肪細胞は“レプチン”というホルモンを出す

 レプチンは、白色脂肪細胞が分泌するホルモンで、「食欲」「代謝」「性成熟」といったさまざまな機能をコントロールする重要なホルモン。

 無謀なダイエットなどで体脂肪が極端に減ると、レプチンが欠乏し、無月経や不妊につながることも。

レプチンの主な働き

●食欲を抑える
レプチンは脳の食欲中枢に働き、食欲を抑える。体脂肪が増えるとレプチンが増えて食欲低下、体脂肪が減るとレプチンが減って食欲増進、といった具合にコントロールされている。

●交感神経を高める
交感神経は血圧を高め、筋肉への糖の取り込みを進める。脂肪の蓄積が増えると、レプチンが増えて交感神経を活性化。エネルギーが十分な今こそ活動!と、スイッチを入れるのだ。

●性ホルモンの分泌を活性化
レプチンは脳の視床下部に働きかけて、性機能に関わる一連のホルモン分泌を活性化させ、妊娠しやすい状態を作る。適度な脂肪は、性ホルモンが分泌するためにも必要なのだ。

 例えば性ホルモンへの作用を考えてみよう。食べ物が十分あるときは、脂肪の蓄えが増える。するとレプチンの量も増え、性ホルモンが活性化されるので、体は妊娠しやすい状態になる。だが食料不足に陥ると、脂肪量が減りレプチンも減少。すると性ホルモンの働きも低下し、体は妊娠しにくい状態になる。

 妊娠・出産は、野生の動物にとって大きな負担を伴う営み。だから飢餓に直面したとき、体は一種のリスク管理として、妊娠を避けようとする。逆に食料が十分なときは「今こそ産めよ増やせよ」と転じるわけだ。

 現代に生きる私たちは、飢餓に直面するリスクは極めて低い。でも「極端なダイエットをすると、体はそれを飢餓と判断し、レプチンが低下します。それで無月経や不妊になることもあるのです」と酒井教授は指摘する。ここでも、本来はサバイバルのための仕組みが、ざんねんな結果をもたらしているようだ。