親指に重心を置くことで日頃から体幹を鍛える

ポイントは【足の親指】

 骨盤底筋群とは、骨盤の底部を覆い、子宮や膀胱、腸などの内臓を下支えする筋肉の総称。体幹の重要な深層筋の1つだが、日常生活で意識して使うことがないため、運動習慣がないと筋力が低下しやすい。足の親指に力をかけるだけでも自然に鍛えられるという。

親指に重心をかけると内転筋に力が入り、骨盤底筋群が刺激されたい感が安定して使えるようになる
足の親指に力をかけるだけでも自然に鍛えられる