初心者でもできる【壁押し親指ヨガウオーク】

 前屈で腰がスムーズに曲がらない、両腕を真っすぐ上に上げられないなど、腰や肩まわりがガチガチに硬くなっている人はここからスタート。お尻を斜め後ろに引き上げる意識で行うことで脚のラインもきれいになる。 体が硬い人でも始められる初心者編を紹介する。

 骨盤まわりの筋肉の柔軟性を高めながら、背骨を支える筋肉を刺激して、安定した強い体幹へと導くのが、この「壁押し親指ヨガウオーク」。体をL字形に曲げ、両手のひらで壁を押して骨盤の動きを確認しながら、親指に重心をかけてゆっくりかかとを上げ下げする。

 「腰が丸まった状態では、お腹に力が入りにくく、体幹の筋力を鍛えることができない。手のひらで壁を押す力を活用しながら、お尻を真っすぐ後ろに押し出すようにして、背中とお腹を引き伸ばすイメージで行うのがコツ」(平賀さん)

 この動きを繰り返すと、骨盤内や背骨まわりの血流が良くなり、むくみにくくなるという。