「米国から帰国したタイミングで、特別養子縁組の制度を使って子どもを持つために動きはじめました」